おじいちゃんの木と新しいくらし / 名古屋市名東区

杉藤様3

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市名東区Sさま邸。
植栽が終わりました。
ちょうどミモザがきれいに咲いています。

 

 

 

こちら昨年11月ごろから外構工事が始まりました。
駐車場 自転車置き場 目隠しのスクリーン 門扉などは
年内に完了。

杉藤様1

 

 

 

 

 

 

 

 

北側は駐車場メインになってしまうけれども
木のぬくもりを感じられるようにと
玄関までは木調のタイルで導き
門柱も木調
目隠しのスクリーンは木材で特注で作りました。
シンプルで手入れの手間のかからないようにしています。

 

 

 

南側は広いお庭

杉藤様2

 

 

 

 

 

 

 

 

手前のチューリップたちは
年末にご家族で植えたものが芽吹いてきていました。
かわいいなあ。
芽吹きは始まりを感じてわくわくします。
こちらは娘ちゃんの花壇スペースです。
初夏には向日葵をうえたいとのことで
ここに背の高い黄色の花が咲いたらきれいだろうなあと思いました。

この南の庭
排水をにはとても力を入れています。
外からは見えませんが
植え込みの土の下には排水管が巡っていて
地盤の固い部分に水が滞らないように工夫しています。
排水桝も一つ増やしました。

南の庭には

マルベリー 南高梅 ブルーベリー ラズベリー
ブラックベリー(とげなしです)

すだち 花ゆず といった実のものがいくつか植えてあって

イタリアンパセリ レモングラス タイム

ラベンダー ローズマリー フェンネル のような宿根のハーブもいくつか。

そのほかにも秋の七草の女郎花や藤袴・桔梗などのコーナーもあり
花壇のぐるりは樹木と宿根草を配置しています。

西側のフェンスには 一重の白のモッコウバラも植え
ふんわりとした目隠しになるといいなあと思っています。

 

こちらの植栽で一番いいなあと思ったのは
ご主人のご実家から木を移植しているところです。
計画の初めから移植は決まっていました。
ご実家で木を見ながら選んだ
山茶花 椿 ヤツデ アオキ ボケなど
北側の日の当たりにくいところを中心に
家を見守るように配置しました。

 

 

娘ちゃんの名前を乗せた木は

そのおじいちゃんの木に寄り添って植えました。
おじいちゃんがお孫さんを見守るようなイメージです。

お母さんの(つまり娘ちゃんから見るとおばあさんにあたる)旧姓に「萩」がつくから

萩があるといいなあというご希望があったので
時季外れではありましたが 何とか白萩を見つけ植えました。
ムラサキセンダイハギも ハギという名前がついているので
植えてみました。

 

こうして植えたものを見回してみると

ご実家からの移植木

お母さんの旧姓にちなんだ植物

娘さんの名前の木

が植えられ
Sさんのご家族を想う人柄がとてもよく伝わるセレクトだなあと
しみじみと感じ入りました。

今はまだ小さな木々もありますが
それらが大きくなった時に
いい感じになるように心を配ってみました。

お庭の手入れも必要な時に入らせていただけそうです。
見守っていきたいお庭となりました。ありがとうございます。

来年一年生の娘ちゃんが一日一緒に植え込みを手伝ってくれました。
お話をよく聞いて場所を決めてくれたり
休憩の時においしいお菓子やお茶を進めてくれたりと
びっくりの気の配りように
職人さんと感心しました。
今のお子さんってスゴイ!

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

今週から岩倉市で外構工事が始まりました。
とてもステキなお宅ですよ。
中の建具なども一見の価値ありです。

 

1片岡さま

 

 

 

 

 

 

 

足りない土をどっさりと入れて

ブロック積の下地を作り ただいまブロック積をしています。

 

 

 

 

天白ではご家族と一緒に植え込みをしました。
そちらはまた次の時に♪

 

2017-03-26 | Posted in ingreenの庭しごとNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment