早い半年 長い1日

今年も半年が過ぎようとしていますね。
早いなあ。

 

半年はあっという間ですが
1日は長く感じる。
いい感じ方だなあと思います。

 

 

朝早く起きて

よく働いて
職人さんや庭主さんたちと
心躍るまたは心通うお話をする。

できる範囲で

自分の家や庭の手入れをして

家族と話をしてごはんを作って
本を読んで
少しの習い事をして
ぐっすりと眠る。

じぶんなりの気に入ったルーティンが

できつつあることを
ありがたく思います。

 

そしてそのルーティンは
今の自分に合ったように
少しずつ変えていきたい。
今日も
いい一日だったなあと
思って眠りにつきたいなあと思います。

 

 

 

 

 

6月1日に展示会が終わってから
こんな仕事をしていました。

 

 

 

 

高野さんクリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三重県四日市に納めた観葉植物たちです。
これはまだ植え込み前。
彫刻家の高野慎吾さんからのご依頼で

彫刻とその場の雰囲気に合わせて
鉢と植物をセレクトしました。
白とグレーとシルバーのいろいろな鉢と
彫刻が引き立つようにと選んだ植物です。

 

 

 

 

 

 

 

高木邸芝貼

 

 

 

 

 

 

 

100㎡以上の芝貼
岐阜県各務原市です。
広い!
これはまだ芝を並べただけの画像です。
この後仕上げです。
車が乗ってもいいように下地に手間をかけています。
おくさまも一緒に一日かけて芝を貼ってくださいました。
ありがとうございました!
ご主人の入れてくださる

おいしいコーヒーも楽しみでした。
先日見に行ったら
スプリンクラーが取りつけてありました。
芝はよい状態でした。さすが!
梅雨を当て込んで貼ったのですが
雨がなかなか降らずお世話かけています。

 

 

 

 

 

 

杉藤様フェンス2017..6

 

 

 

 

 

 

名古屋市名東区 新築の追加工事。

ウッドデッキをおつくりしました。
素材は厳島神社の柱にも使用されたという
特殊加工の杉材。
耐久性がいい杉ということで
今注目されています。
施主様がこの素材でと
強いご希望でした。
デッキ向こう側には階段があります。
ここで遊んだりご飯を食べたりしていただきたいです。
職人さんの丁寧な仕事ぶりもさすが!

 

手入れにはあちこち出向きました。
名古屋市
尾張
岐阜
そして三重県四日市。
四日市はもう10年以上のお付き合いのあるお庭です。
庭主さんが体調を崩されたので心配していましたが
おいしいおやつやお昼ご飯を用意していただき
そして活力も感じられてほっとしました。
ご無理ないよう来年もよろしくお願いします。

 

 

 

ぎふ綜合検診センター2017.06

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎふ綜合健診センター屋上。
4.5月と丁寧に手入れをしたので
6月はきれいでした。

こちらも梅雨を当て込んで
散水日を少なく見積もっていたのですが
ちょっとカラカラで。
でもそれがよかったのか
昨年よりいい感じでした。ほっ。
これから黄色の背の高い花が咲いてくるので
夏らしくなるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

2017.6柴田邸

 

 

 

 

 

 

 

 

豊田市のSさん

6月初めの写真です
4月にアグロステンマを3株近くに寄せて植えたものが
6月にはとてもいい感じになっていました。
繊細な、色を抑えた

センスを感じるいいお庭です。とても好きです。

こちらも10年以上のおつきあい。
昨年までは剪定のみでお伺いしていたのですが
今年から花を植えたり
下草の手入れを一緒にしています。
クリスマスローズの葉の取り方や
増えていくタツナミソウの処理の仕方など
お伝えしながら手を入れていくと
「わあ、全然知らなかったわ
こうするといいのねー
よかったわ。付き合い方を変えて。
こういうことが知りたかったのよ。」
と、とても喜んでいただけました。
そうか!剪定に気がいって
そちらにまで気が回せなかった。
10年もお付き合いしていたのに
申し訳ないことでした。
でも10年たっても新しいお付き合いができることは
うれしいことだなあと思いました。

 

 

 

 

2017.6伊藤邸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北名古屋市のIさん

昨年薔薇を育てはじめてから
ますます庭しごとに精を出されて
6月にお伺いしたら

秋に植えた

ジキタリスやディルフィニュームが
本当に見事でした。
右奥の深い紫は
スイトピーですが
Iさん、スイトピーのお行儀の悪さに
抜いてしまおうかと思ったくらいだったとか。

(ジキタリスたちと一緒に
ingreenが秋に植えたものなんですけどね。)
それをお向かいの奥様が
あの濃い紫がしまっていいのだから
そのままにしたほうが!とアドバイスくださり
私が訪ねた時にはいい感じでした。
Hさん、とめてくれてありがとう。

 

 

 

豊田のSさんと北名古屋市のIさんは

どちらも70代の女性です。
お互い面識はありませんが
どちらも尊敬するルーティンで過ごしていらして
話を聞くのがとても興味深いです。
お二人の先輩の暮らし方は

私の明るい未来です。

2017-06-18 | Posted in ingreenの庭しごと, おもうことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment