すっきりの度合い

img_0415

 

 

 

 

 

 

 

 

雨ですね。

 

 

今日は一日岐阜市でお手入れだったのですがお休みに。
昨日は思いもよらず1日手入れができたり
読めない日々です。
空を見ながら予定を変えています。
急な申し出や変更にこころよくうなずいてくれるみなさんに感謝しています。

 

時間ができたので
思い立って衣替えをしてみました。

夏にずいぶん服を減らしたのですが
冬ものを出してその数の多さに驚きました。

そして思い浮かんだのは先日のミニマミストのお客さまの家。

 

 

これが一年分の衣類です。

と見せてくれたスペースは

畳一畳をよいしょと立てたくらいの小ささでした。
奥行きは半畳の約90センチ

つまり高さ180センチ奥行き90センチ幅90センチです。(目分量ですよ)

 

え?え?

ここにコートもバッグもストールなどの小物も??
コートも!? コートもですか??

というくらいコンパクト。

わが家もものは選んでいるつもりでしたが
いやはや これはこれは。

 

だれがいつきてもらっても
メイクさえしていれば大丈夫笑

というお宅は
どこもきれいに整頓されて(そもそも絶対数が少ない)
しかも置いてあるものは厳選されたものなので
どれも美しくて使いやすそうです。
どこにカメラを向けても絵になります。

 

ふと我に帰って
目の前の冬ものたち。
夏ものがすっきりしていたので
安心していましたが
冬ものはまだまだ。

デスクワークが終わったら
見直してみよう。

 

 

 

どれくらいの分量を持つのかは人それぞれですが
私の場合
すべて少なくすっきりとはムズカシイ。
特になんでもないものの集まりと道具類。

なんでもないものはアイデアソース。
アイデアのソースとなるものは目につくところに置いておきたい。
質感や手触り そのものがまとう空気感は経験したい。
そしてそれらのどこが気に入ったのか、いつも自分に問いかけたい。

ただ、数が多い。

だから ここ、と決めたところは雑多を許しています。

将来暮らしてみたい家の写真や中村好文さんの小屋の写真
気になる本 描いた絵
針金のオブジェや美術館のポスター・招待券

子どもたちの小さいころのフォト

南紀で拾った石や森で見つけたカモシカの骨

もらったオーストラリアのエミューの卵などなど いろいろです。
ここはその時の気分でときどき入れ替えます。
入れ替えると、今好きなものの傾向がわかったりもします。

 

そして道具。

やっぱりものつくりが好きみたい。

調理道具はもちろん

盆栽の道具。

金継ぎ道具。

絵の具や色鉛筆・紙。

木工道具。
ミシンや針・布も糸も。

使いたいときにすぐ使えるようにしておきたい。

 

ものがたくさんだけど、見苦しくない。

そなえよ つねに 美しく (ある程度ね)

というところが、できるところかなと思います。

 

工房スペースがあるのに今は物置状態。
そちらもすっきりしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-09-20 | Posted in 日々のくらしNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment